お知らせ

吉田大八演劇作品第2弾『クヒオ大佐の妻』。主役「妻」に宮沢りえが決定!VAC会員先行販売を1/31(火)スタート!

映画監督の吉田大八による演劇作品第2弾『クヒオ大佐の妻』。
主役となるクヒオ大佐の「妻」に宮沢りえが決定!
また、VAC会員に向けた先行販売を1月31日(火)よりスタートします!

2013年に吉田監督が初めて手掛けた演劇作品は、本谷有希子の小説『ぬるい毒』。
舞台化不可能と原作者の本谷をして言わしめた作品を見事に演出し、好評を博しました。

そして、演劇作品2作目の題材に選んだのは、吉田監督が2009年に監督を務めた映画『クヒオ大佐』。
「自分はアメリカ空軍パイロットで、カメハメハ大王やエリザベス女王の親類」と偽り結婚話を交際女性に持ちかけ結婚詐欺を繰り返す男を扱った本作は、この自称「ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐」と名乗った男が実在する日本人であったこともあり、大いに話題となりました。

舞台化にあたっては、クヒオ大佐をメインとした映画とは視点を変え、クヒオ大佐の「妻」の視点から描き直した舞台『クヒオ大佐の妻』を上演。吉田監督の舞台初書き下ろし作品となります。

その主役となるクヒオ大佐の「妻」には宮沢りえが決定!またクヒオ大佐には劇団「ハイバイ」主宰の岩井秀人。同じくハイバイ所属の川面千晶、数多くの映画に出演する実力派・水澤紳吾など、話題の俳優陣にも注目です。

狭いアパートでクヒオ大佐を待ち続け、夫をアメリカ海軍のジェット機を操縦するパイロットだとアパートへの訪問者たちに言い張る妻は、果たして狂っているのか、嘘をついているのか…。
どうぞご期待下さい!

『クヒオ大佐の妻』
◎スタッフ&キャスト
作・演出:
吉田大八
出演:
宮沢りえ 岩井秀人 川面千晶 水澤紳吾

◎上演スケジュール
2017年5月19日(金)~6月11日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト

主催:ヴィレッヂ/WOWOW
制作協力:サンライズプロモーション東京
企画・製作:ヴィレッヂ
公式サイト:舞台『クヒオ大佐の妻』公式サイト

<VAC特別先行販売に関して>

取扱席種:
¥7,600(全席指定・税込)
販売期間:
1月31日(火)12:00~2月6日(月)23:59(抽選受付)
結果発表:
抽選受付で、結果発表は2月10日(金)夕方頃を予定しております。
備  考:
お一人1公演2枚まで(第3希望まで)お申込み頂けます。

詳細は、チケット販売ページをご参照下さい。

◎『クヒオ大佐の妻』VACチケット先行販売ページ
→ チケット購入はこちら




チケットのご購入には、事前にVAC会員への登録(無料)が必要となりますので、
販売開始前までに会員登録をお済ませください。

VAC会員登録はこちら
VACとは

VAC会員登録やログインが正常にできない方は、こちらをご参照下さい。
ご登録やログインができないという方へ

チェックリストをご利用ください。
ログイン後チケット購入ページに進むと各チケット情報の右にチェックリストへ登録するボタンがあります。
チェックリストに登録しておくと、チケット発売時期にお知らせメールが登録しているメールアドレス宛に届きます!
●詳細はこちら → サービスガイド「チェックリスト」


2017年1月30日